しあわせのピンクバスプロジェクト

乳がんの手術により胸の整容性を失うことで、公共のお風呂から足が遠のいたというお声をお聞きします。わたし達は、人を癒せるお風呂文化だからこそ、一人でも多くのお客様に、お風呂に入りに来て頂ける様にしたい。その為にも乳がんの早期発見は大きな鍵となります。わたし達ができること。それは、セルフチェックの習慣と、定期的な健診を推進していくことです。

10月、ピンクリボン月間では、世界中で乳がん啓発運動が行われています。ここ琴弾廻廊でもピンクリボン月間に合せ、ピンク色のお風呂とピンク色のボールライトによるライトアップで伝えていきたいと思います。また、男女脱衣場にはセルフチェックの啓発ポスターを掲示します。(男性でも乳がんは発症します)

ひとつの気づきからアクションを起こす勇気を、その先にある、しあわせのために!